名刺作成をする前に

名刺作成を依頼する際には、ただ名前や住所などの項目を挙げて業者に依頼をすればいいわけではありません。名刺を作る際には、その名刺を作る目的や、その名刺の役割というものを事前に決めておかなくてはならないのです。プライベートで使うものなのか、それともビジネスで使うものなのかによっても当然名刺に求められる役割は変わってきますし、ただ個人の情報を伝えるだけのものでいいのか、それとも別の目的をもって作るのかによっても、デザインなどが変わってきます。

名刺を渡す際のシュチュエーションと、名刺によってどんな成果がほしいのかを具体的にイメージしましょう。営業先で渡すのに、違和感のないシンプルなものがいいのでしょうか。それとも、名刺の印象で自分を覚えてもらえるほどインパクトのあるものがいいのでしょうか。シュチュエーションや渡す相手ごとに何種類かの名刺を使い分ける人もいますので、何パターンかの目的を考えてみるのもいいでしょう。

また、名刺作成を依頼するならば、まずは名刺の目的と役割を決め、その目的や役割に合うように、名刺に入れる項目をあらかじめ決めておくことが大切です。名刺というのは、あれもこれも情報をいれればいいというものではなく、目的によって項目を絞ったほうが相手の印象に残りやすかったり、機能的だったりするものですので、どの項目を入れるのかは重要です。

名刺に必ず入れる項目は名前や連絡先ですが、それ以外にも名刺の目的のよって様々な情報を盛り込むことができます。代表的なものを紹介しておきたいと思います。

名前、ふりがな、会社名、住所、電話番号、メールアドレス、ホームページアドレス、などが一般的な項目でしょう。これ以外にも、必要に応じて入れられるものとしては、会社のロゴ、会社の役職、顔写真、ブログ、QRコード、SNSのアカウント、略歴、自己PRなどを入れた名刺も目にしたことがあるでしょう。

これらの中から必要なものをチョイスしておくことで、目的に合った名刺を作成することができるのです。

また、デザインについても名刺の印象だけでなく、あなた自身の印象を左右するものになりますので、名刺の目的や役割にあったものをイメージしておくことが必要です。

名刺作成はただ業者に依頼すればいいのではなく、そうした準備をしておくことが大切です。また必要に応じて写真やロゴなどのデータを事前に用意しておきましょう。そうした準備をしておくことで、ただの情報が書かれた紙ではなく、名刺として生きる名刺を作成することができるのです。

  • 「名刺作成ナビ!」はあなたに合う名刺作成会社を探す事ができます。
  • サイトマップ